written
by kamishikou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
紙漉思考室
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
ブログ移設しました!
at 2013-08-05 11:19
京都の旅館
at 2013-06-10 12:57
ふくや飯塚店
at 2013-06-10 11:09
紙×土
at 2013-05-20 16:46
今年もどうぞよろしくお願いし..
at 2013-01-09 14:28
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
熊本より学生さんが見学にいらっしゃいました。
少し前ですが熊本大学の建築学科の学生さんが紙漉思考室に見学に来てくれました。学生さんが主体となっているプロジェクトでニレノキハウスと言うのがあります。詳しくはこちらをご覧ください!その中の一部屋で紙の空間を作りたいと相談を受けました。まず紙はどうやって出来るのか?など基本的はお話をするために、前半は紙漉思考室の仕事場の見学や紙作りの説明、後半は昨年家のリノベーションをして頂いたDesign nico の松田様に素材としての紙のお話をして頂きました。
d0171305_1825856.jpg

一つ一つ丁寧に紙だけではなくいろんな素材の事を話して頂き学生さんも興味津津でした。松田さんのレクチャーはとても贅沢な時間で自分も一緒に聞いていると何だか学生に戻った気分になり(笑)その後お茶を飲みながらみんなで話をしていると予算の話になりました。どうしても予算が厳しいので機械のロールの紙も考えているとのこと。けど若い方に和紙を触れて頂くチャンスなので出来るだけ頑張りたいと思います。使ってもらう事で和紙の良さを再確認してもらい今後につながれば・・・。現段階ではどのようになるか分かりませんが進み次第アップしたいと思います。
[PR]
# by kamishikou | 2012-06-27 19:00 | 建築・インテリア
名刺、DMの御紹介2
今回は福岡にデザイン事務所を新しく立ち上げられたtsukumoの吉村 繁様に名刺とDMに紙を使って頂きました。
デザインはいつもお世話になっているSYUの前崎さんです。

今回、DMには重厚感をと白さを出すために胡粉を入れました。
DM表
d0171305_1321133.jpg

d0171305_13254166.jpg


名刺
d0171305_13272457.jpg

エンボスアップ
d0171305_13292195.jpg

吉村様は京都の名立たるデザイン事務所でお仕事をされていました。その豊富な経験をもって今回、地元九州に事務所を設立されました。今後の活躍が非常に楽しみなデザイナーさんです!
[PR]
# by kamishikou | 2012-06-07 13:54 | グラフィック
名刺の御紹介1
SYUの前崎さんに作って頂いたとても素敵な紙漉思考室の名刺オンラインショップ。うれしい事に各方面の方よりお問い合わせを頂いております!
名刺のみの販売、名刺に印刷までと、お客様のご要望にお応えしております。どうぞ、よろしくお願いします!

今回は、耳付きの楮の名刺に両面印刷、デザインはグラフィックデザイナーさんのお持ち込みです。
楮の耳付き名刺は端々が均一ではないために印刷機の特性で印刷にずれが生じるためにオンラインショップには載せていませんでした。しかしお客様に気に入って頂いたので大量のロスを覚悟の上で印刷して頂きました。

d0171305_15211757.jpg


d0171305_15271534.jpg

インクの色は写真では分かりにくいですが栗色となっております。
印圧も裏に出ないギリギリまでかけて頂きました、
紙漉思考室の名刺には大きく分けて流し漉きの名刺と溜め漉きの名刺の2種類あります。
それぞれに特徴がありますのでお問い合わせください!


最近、紙漉思考室ではいろんなハガキを漉いております。
三椏×ベンガラ  (乾燥前) 

d0171305_15512267.jpg

乾燥後
d0171305_1554068.jpg

お客様のご要望で淡い桜のような色になりました。
その他、雁皮や胡粉などを使って数種類漉きます。こんなハガキを欲しいなど御要望がありましたら是非お問い合わせください!お待ちしております!
[PR]
# by kamishikou | 2012-05-18 15:59 | グラフィック
手の間が発売されました!
手の間にいつもお世話になっている青い月さんの特集が組まれました。
d0171305_15826.jpg

青い月さんの活版印刷に対する思い、仕事に取り組む姿勢、人柄が表れている読みがいのある本になっています。ありがたい事に紙漉思考室も紹介していただきました。是非、手に取って頂けたら幸いです。
その他、建築、竹細工、日本酒などなど興味のある記事がいっぱいです!
d0171305_16102770.jpg

コピーライターの正井様、写真家の志賀様、そして手の間の田中様、スタッフのみなさま、ありがとうございました!
[PR]
# by kamishikou | 2012-05-02 16:17 | お知らせ
天井に紙を貼る
家を建てるお客様から「和紙を天井に貼りたい」、とご相談を受けたのが昨年末、先週完成してお引越しをされました。写真を頂いたのでご紹介させていただきます!今回は出来るだけ自然の素材を使いたいという事で天井は和紙、壁は珪藻土をお客様自ら施工されました。天井なので表具用のでんぷん糊のみでべた貼りです。940mm×640mmの紙、約200枚を貼るのはとても大変です。微力ながらほんの少し手伝いをさせて頂きました。

紙を貼る下準備としてボードのパテ埋めをします。凸凹が多いのでご主人がサンダーで削ります。
d0171305_858497.jpg

その後貼るのですが、ここで問題が発生しました。お客様にパテの色をボードに合わせる事をお伝えするのを忘れてしまいパテを水性ペンキで塗りました。お仕事増やして申し訳ございません。下張りをする場合はそこまで気にする必要はありませんが直張りはどうしても出てきやすいです。大まかに色を合わせると大丈夫でした。
d0171305_985495.jpg

紙は白ではなくオフホワイトで繊維のスジなどが入った紙がご希望でした。
d0171305_9272868.jpg

d0171305_9233547.jpg

d0171305_9435668.jpg

d0171305_9451781.jpg

d0171305_9521155.jpg

部屋によっては、ご自分達で染められた柿渋の紙を貼られました。
d0171305_9582430.jpg

d0171305_1025346.jpg

今回はお客様自ら施工されました。そうすることにより、業者の方にクロスを施工してもらう値段と和紙の値段は同じくらいだったそうです。和紙を貼って良かったと仰って頂きました。天井は少し大変ですが、壁ならまだ貼りやすいです。紙を使いたいとお考えの方お気軽にご相談ください!

T様本当にお疲れ様でした。そして写真ありがとうございました!


d0171305_10124524.jpg

[PR]
# by kamishikou | 2012-04-20 11:13 | 建築・インテリア